MENU

屋根の重さ

屋根の話

今回は屋根の重さについて話していきたいと思います!

実は屋根の重みは葺き替える場合に一番気をつけなければいけないことです!

屋根の材質によって重さは全然違います!葺き替えて屋根が軽くなる場合は負担が減るのでいいんですが、重くなってしまうと地震で倒壊してしまったり、潰れたりしてしまう可能性があります!

瓦は一番重い屋根なのでガルバリウム、アスファルトシングル、コロニアル、どんな屋根を選択しても大丈夫です!

が…逆にガルバリウム、アスファルトシングル、コロニアルから瓦には葺き替えてはいけません!

家を建築する際に上物の重みを計算して建てます!2トンの重みの上物ならそれに耐えれる基礎を作り必要な数の柱を入れます!

それが4トンになってしまうと耐えられなくなってしまいます!

この画像は1平米(1m×1mの四角)あたりの重みをグラフにしたものになります!

全体が80平米の屋根の場合、80平米×60kg=4,800kg(4,8トン)

もしできれば軽くて長持ちするガルバリウム製の屋根に工事できるといいですね!

80平米×6kg=480kgなのでなんと!!!!!10分の1です!!

工事を検討する場合絶対に今より重い屋根にはせず、できる限り軽い屋根を採用しましょうね( ^ω^ )

M
E
N
Uarrow_right

keyboard_arrow_up

お電話でのお問い合わせ 042-761-0023お問い合わせフォームはこちら

施工を通じて喜びと幸せを

我々が工事を任せていただく物件は一戸建、不動産物件、店舗など多岐に渡ります。
どの建物もお客様にとって大切でかけがえのないものです。
そんな大切な建物を施工させていただく事を誇りに思い、責任をもって施工にあたります。